S・I |コンテンツ事業部 / モデラー |㈱DCG Entertainmentの採用情報

S・I | 中途採用

生産性重視の
制作スタイルで、
案件ごとに業務改善。
デザイナーとして一段成長できました。

S・I

Q.入社のきっかけは何ですか?

ゲーム会社を退職し、地元のゲーム会社への再就職を考えていた際、久しぶりに訪問した母校の恩師からDCGを紹介されました。

Q.現在の仕事内容と、やりがいを教えてください。

スマートフォン向けゲームの3Dキャラクターモデルを制作しています。
実装されたキャラクターを自分の携帯画面で見たり、SNSで直接ユーザーの反応を見られるのが励みです。

Q.DCGの魅力、強みは何だと思いますか?

会社として生産性を重視しています。
自分の従事した案件の生産性が数字で見れるため、後から振り返って良かった点やうまくできなかった部分を把握できます。そこから改善に繋げていくという流れです。

同じように会社の売上や今後の施策なども社員全体に通知されるため、業務で意識するべきこと・判断基準が明確となり、とても仕事が進めやすいです。

Q.会社の雰囲気を教えてください。

とても優しくて頼もしい人ばかりです!

ほとんどの方がテレワークのため、お互いの顔を見るのは朝礼・終礼の数分だけですが、バーチャルオフィスですぐに作業の相談や雑談ができるので、距離を感じることなく和気あいあいとしています。

Q.入社後、成長できた点は何でしょうか?

前職ではすべての作業を1日単位で計算していましたが、生産性を重視しているDCGでは1時間単位で計算するため、
時間管理を意識しながら仕事を進められるようになりました。
形状作成やテクスチャ、ウェイトなど各作業ごとに何時間かかっているかがはっきりわかるので、遅延の理由を追究し、次の制作へ向けて具体的な改善策を立てられるようになったのは成長の証ですね。

Q.これからのビジョンを教えてください。

現状は自分のプロジェクトにかかりきりなので、新しく入社される方や新しくアサインされる方のサポートなど、モデルチーム全体の一員としてさらに活躍できるようになりたいです。

Q.求職者の方に一言お願いします。

皆さんはキャラクターモデルを作っていて、どの部分が一番楽しいですか?
私は斜めから見たときの顔のラインと、前から見えるお尻です!
…… なんてことを語ったりしながら、一緒に3Dモデル制作が出来たら幸せです!