Y・T |プロジェクト推進部技術開発課 / モデラー |㈱DCG Entertainmentの採用情報

Y・T | 中途採用

会社の技術力を担う
研究専門部署にて、
目指すは全クリエイターの
スキルアップ。

Y・T

Q.入社のきっかけは何ですか?

常に新しい物事に挑戦して成長し続けられる場所を探して転職活動をしていたので、DCGが対応している業務・ジャンルの多様さと、チームで挑戦することで個人の成長を育むという社風に魅力を感じました。
理念やビジョンに共感する中で、自分がこれまでにゲーム業界で培ってきた知識や技術をもって貢献していきたいと思い、入社に至りました。

Q.現在の仕事内容と、やりがいを教えてください。

技術開発課――最新の3DCG技術を習得し、社内のクリエイターに知識共有を行う役割を担う部署にて、新技術の研究を行っています。

会社にとって使用経験の無いツールやソフトを新たに導入していく仕事なので、手探りで苦労しながら作業を進めていますが、知識共有を行うことで皆の成長を後押しできていると思うと、やりがいを感じます。

Q.DCGの魅力や強みは何だと思いますか?

「いかに効率良く、短期間でクオリティの高い作品を仕上げられるか」という課題に対して、積極的に取り組んでいるところです。
DCGでは毎月各チームごとに作業の効率性を数値化し、継続すべき点や改善策をチームで話し合っています。
高頻度で制作フローのブラッシュアップを行うので、集団としてのクオリティを高めていくことができます。

Q.DCGの社員にはどんな人が多いですか?

仕事に対しての責任感が強い人たちが多いです。
また、オンオフが切り替えられるメンバーが揃っているため、社内の懇親イベントも全力で楽しむ人が多いですね。

Q.入社後、成長できた点は何でしょうか?

個人ではなくチームで仕事をするスキルが身につきました。

もともとDCGではチームコミュニケーションや連携力が重視されているため、僕も社内で技術共有を行う際はまず相手の視点に立ち、どんなアプローチで情報を落とし込んでいくかを丁寧に考えています。
当たり前のことではありますが、こうしたコミュニケーションスキルは技術共有以外の場でも役立つため、もっとスキルアップしていきたいです。

Y・T | 中途採用

Q.これからのビジョンを教えてください。

DCGの技術力を担う技術開発課の一員として、これからも技術力の底上げを図っていきたいです。
今は社内のクリエイターへ講習や技術サポートを行っていますが、そうした自分の活動が、会社にとっての新たな挑戦に繋がるきっかけになれればいいなと思います。

Q.求職者の方に一言お願いします。

経験の浅いCG初心者の方から、技術を一通り習得してなお成長を求めるベテランの方まで、ともに知的探求心を刺激し合える仲間を心よりお待ちしております!